建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


デッドボルト(でっどぼると)
 錠前から繰り出す締まりで、閂(かんぬき)の一種である。

 本締り錠シリンダー錠といった錠前に使われており、ラッチとは別に鍵やサムターンによって、出し入れする四角い鉄の棒である。

 下の図のように、デッドボルトを持った錠前を本締り錠と言い、デッドボルトがドア枠の穴(ストライク)に入ることによって、きっちりと鎖状される。

 引き戸に使われる鎌錠では、デッドボルトは回転しながら出てくる。

 最近では、デッドボルトの先端に鎌状の突起がついた、より安全性を高めた製品も市販されている。

参考=空錠
広告
dead
 
TAKUMI Amazonへ