建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


天空率(てんくうりつ)
 前面道路の反対側から建物を見たときの、空に占める建物の割合。

 空が建物にまったく塞がれていない状態を100%とし、建物によってすべて塞がれている状態を%とする。

 道路斜線制限などから建物が突出しても、天空率において、空がより多く見えれば良いという考え方である。各種の斜線制限を緩和する手法として使われる。

 斜線制限内で許容される建物の形を想定し、その想定建物を道路の反対側から180度にわたって空を見上げた場合の天空率と、計画している建物の天空率を比べて、後者の天空率のほうが大きければ建築が許される。

 天空率の計算は手計算では困難で、パソコンのソフトを利用して行われる。天空率が適合すれば、下の図の濃い茶色の部分が、道路斜線制限よりも突出しても許される部分となる。
広告
ten
TAKUMI Amazonへ