建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


耐圧盤(たいあつばん)
底盤(ていばん)
 建物すべての垂直荷重地盤へと伝える部分は、20センチ程度のスラブとすることが多いが、このスラブを耐圧盤とか底盤という。

 耐圧盤は地盤からの反力を受け、その力に耐える強固な盤とするため、鉄筋コンクリートで造られる。また耐圧盤には地中梁をのせるので、最下階の床スラブとは別になり、二重になって造られる。
 木造軸組工法ベタ基礎とは、耐圧盤のうえに地中梁に相当する立ち上がりだけを設け、木構造の床組みをしたものである。木造三階建てであっても、木構造は軽いので立ち上がりを設けるだけで良い。
広告
TAKUMI Amazonへ