建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


手摺り(子)(てすり:こ)
 階段ベランダ屋上階など、段差のある場所に、転落などの危険防止のために取り付けた手をかける部材、もしくは動作の補助のために設ける手掛け部材。
 手摺りから下に伸びる細い部材を手摺り子とよぶ。

 建築基準法126条には次のように書かれている。
「屋上広場または2階以上の階にあるバルコニーその他これに類するものの周囲には、安全上必要な高さが1.1m以上の手摺壁、さく又は金網を設けなければならない」
 
 建築確認を申請すると、ベランダや屋上の手摺りには1.1m以上が適用される。しかし、室内の手摺りに関しては1.1m以上では高すぎるので、吹抜けなどについて建築主事との合議になることが多い。
広告
理工学社「建築の造作図集」から
TAKUMI Amazonへ