建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


鉄筋コンクリート(てっきんコンクリート)
 鉄筋を芯、コンクリートを被覆とした構造で、住宅から大規模な建築まで使われる。RC(構)造ともよばれる。

 鉄筋は圧縮に弱いが、引っ張りに強く、コンクリートは引っ張りに弱いが、圧縮に強い。
 両者の膨張率がほとんど同じことから、互いの弱点を補強し長所を使った構造物。また、鉄筋は空中では錆びていくが、アルカリ性のコンクリートに被覆されているので、錆びることもない。
 最近は鉄筋をたくさん入れるようになってきたので、鉄筋が邪魔して、コンクリートを型枠の隅々まで充分にまわすのが困難になる傾向がある。
 と床スラブをもつラーメン構造と、壁と床スラブからなる壁式構造がある。木構造に比べると、耐火構造としやすいが、建物の重さが大きくなる。
広告
理工学社「建築用語辞典」から
TAKUMI Amazonへ