建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


手違い(てちがい)
 直交する2つの木材をつなぐコ字状の鉄材。鎹(カスガイ)の一種。

 材に入る部分を爪と呼び、2本の爪をつなぐ部分を渡りという。
 渡りの部分が動くので、動きながら固定するのに使われた。たとえば、幅広の床板を固定する場合、などで完全に固定してしまうと、釘の所から割れる恐れがあるので、手違いを傍(側)に打って大曳き(大引き)などと固定した。
広告
(株)タナカカタログより
TAKUMI Amazonへ