建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


手板(ていた)
 土台などを墨付けるために、大工が使う板に描かれた平面図のこと。

 3尺の正方形グリッドで、X方向には<いろは>がかかれ、Y方向には数字が書かれている。柱の位置を、その交点で<ろ−五>などと表す。こうしたグリッドによる柱の位置表示を番付といい、手板のことを番付板ともいう。絵図板ということもある。
 なお、グリッドの中間に位置する場合は、又を記し、<ろ又五>などと記す。

参考=番頭
広告
TAKUMI Amazonへ