建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


ツーバイフォー(つーばいふぉー)
 アメリカやカナダで開発された木造住宅の工法で、壁で家を支える構造。2インチ×4インチの断面材、およびその倍数材をつかうので、ツーバイフォーとよばれる。枠組壁構法ともいう。

 がなく壁が構造を支えるので、構造耐力的には丈夫だが、隅を窓にできないとか、増改築が自由にできないといった短所がある。
 もともとが輸入工法の住宅なので、施工者が限られ、必ず設計者が必要になるという問題点がある。大工職人だけでは建築することが難しい。
 下の図はツーバイフォーの構造躯体の例である。完成してしまえば、木造軸組工法つまり在来工法との外見上の違いはない。
広告
ツーバイフォー工法の構造躯体例
(社)日本ツーバイフォー建築協会から
TAKUMI Amazonへ