建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


付け鴨居(つけがもい)
 壁になっている部分で、鴨居と同じ高さにまわる部材。

 長押の下に付く部材で、建具のはいる部分には鴨居が入るが、鴨居のない壁となる部分に取りつける部材。鴨居と同じ材種で、見付き寸法と出幅も鴨居と同じに納めるのを定法とする。
 長押は床の間部分を除いて、部屋を一周する。建具の入らないところには、長押の出が極端に大きくなってしまう。そのため、付け鴨居を付けて、壁と長押との間を滑らかに連続するようにしている。
 長押を廻さない部屋では、下図のように内法が入らないところに入れる部材。一種の飾りである。 
広告
理工学社「建築の造作図集」から
TAKUMI Amazonへ