建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


超高層(建築)(ちょうこうそう:けんちく)
 高層建築の中でも特に高い建物。超高層とだけ言われることが多い。

 建築基準法は60メートルを超える建物について、60メートル以下の建物と、構造設計を別に考えている。そのため、60メートルを超える建物を超高層建築と呼ぶ。

 最高の高さが10メートルを超えると、中高層建物と扱われる。しかし、高層建築の定義はない。また、巷間では超高層の定義は曖昧で、100メートル超え、または15階建て以上と異なっている。

 建物が高層化していくと、人口密度もあがり、電気・ガス・水道などのインフラも、大容量なものが必要となる。
広告
 
TAKUMI Amazonへ