建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


チョーキング(ちょーきんぐ)

 塗装表面が外光に曝されていると、紫外 線・熱・水分・風などにより塗装面の表層樹脂が劣化し、塗料の色成分の顔料がチョーク(白墨)のような粉状になって顕われる現象や状態をいう。白亜化(はくあか)とも言う。

 現場では、粉がふくということが多く、手でこすると塗料が粉になって剥げ落ちる。
 塗装の寿命は5〜10年で、再塗装しないと錆などが発生する。
 モルタル下地や木下地などであれば、シーラー処理のうえ再塗装、金属下地であれば、錆止め(塗装)処理のうえ再塗装が必要である。

広告
TAKUMI Amazonへ