建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


散り(際)(ちり:ぎわ)
 真壁の和室における、の表面から壁面までを散りといい、柱面から壁面までの距離を散りの深さという。

 柱と壁が接する部分を散り際(ちりぎわ)とよび、柱と壁のあいだに隙間ができることを、散りが切れるという。また、壁が柱に食い込んで散りが切れないように、柱に溝をつくこと、もしくは溝自体を散り杓りという。
 散が深いと重厚な感じになり、浅いと軽快な感じになる。部屋全体の散りは、すべて同じ深さで施工するのを定法とする。 
広告
TAKUMI Amazonへ