建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


地目(ちもく)
 地目とは、登記所の登記簿に記載された土地の種類のことである。

 現状に応じて地目は決められるが、その後、現地を用途変更しても、地目変更登記をしなければ、登記簿上の地目と違うことになる。
 固定資産税の関係もあるので、地目には神経質になる。地目変更登記は土地家屋調査士の業務である。

 地目は不動産登記法に基づいて、田、畑、宅地、塩田、鉱泉地、池沼、山林、牧場、原野、墓地、公衆用道路など21種に分けられており、21種類以外の地目はない。
 地目の変更をするためには、所定の手続きが必要である。たとえば農地を宅地に変える場合には、農業委員会から農転(農地転用)の許可を受けなければならない。また、土地の利用変更の途中にある場合は、いわゆる中間地目といって地目変更することはできない。

 地目を変更したいときは、地目変更登記
 建物を新築したときは、建物表題登記
 土地を分割するときは、土地分筆登記
タクミ ホームズへどうぞ
広告
TAKUMI Amazonへ