建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


耐用年数(たいようねんすう)
 会計処理上で、金銭的に価値がないと認められるまでの年数。

 耐用年数は実際につかえる寿命のことではない。減価償却の対象となる資産が、利用に耐えると想定している年数のことで、法定耐用年数が各物品毎に法律で決められている。

 
鉄筋コンクリート造の住宅は47年、店舗は39年、鉄骨造の住宅は34年、木構造は22年などである。

 建物の寿命は、維持管理を丁寧にしていけば、耐用年数よりはるかに長くなる。日本の建築の寿命が短いと言われるのは、まだ充分に使える建物を、取り壊して建て替えてしまうからである。 
広告
 
 
TAKUMI Amazonへ