建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


短穂(擦り)(たんぽ:ずり)
 綿などを丸めて布でくるんだもの。棒状の柄を付けることもある。

 短穂で塗る場合には、塗料を含ませた短穂を叩くようにして、塗料を付けていく。薄い塗膜となるので何度も塗料を重ねることになり、こっくりとした艶を出すことができる。

 塗料は刷毛やローラーでぬることが多いが、カシューなど潤いを出す時には、短穂で何度も叩くように塗り重ねていく。

 叩くようにして使うので、打包ともかく。短穂擦り(たんぽずり)ともいう。下の写真は、拓本をとる時に使う短穂である。
広告
tanp
写真は武蔵野美術大学造形ファイルより借用
TAKUMI Amazonへ