建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


タイル目地(たいるめじ)
 タイルとタイルのあいだの隙間を目地Aといい、目地材をつめてある。

 タイルは工場製品として規格サイズで市場にでるが、焼き斑や焼き歪みになどによって、1枚1枚の寸法が微妙に違うものである。張り上がりを整然と美しく見せるために、1枚1枚のあいだに隙間を空けて張るのを定法とする。

 タイル間の隙間を目地とよぶ。また、目地幅の調整によって、半端が出ないようにすることをタイル割りという。

 外壁に張るタイルは防水の役割をも担っている。目地が漏水に弱い部分なので、目地材を刷りこまず目地でつかって施工したい。目地材をキチンと詰めて施工しないと白華の原因になる。
 目地処理の仕方は下記のような形があり、タイル面より2ミリ程度下げた沈み目地が美しいといわれた。 

参考=馬目地芋目地四半目地
広告
TAKUMI Amazonへ