建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


打診(棒)(だしん:ぼう)
 金属の棒などで、叩いて検査することを打診という。

 たとえば、タイルコンクリートの躯体と密着しているかとか、モルタルが剥離していないかなど、叩いて検査するケースは多い。叩いた時の音が違うので、浮いていることがわかる。
 建物全体では手の届かない部分もあるので、1階など手の届く範囲で調査をして、その割合で全体を推定することが多い。
 叩いて検査するための金属の棒を、打診棒とよび、伸縮して携帯に便利になっているものが多い。打診棒というが、実際は先端の金属部分を、タイル面などになぞるように転がして使うことが一般的である。それでも密着部分と剥離部分とは音が違うのでわかる。
広告
TAKUMI Amazonへ