建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


単板張り(たんぱんばり)
 薄い化粧板を張ること、もしくは張った状態。

 下地となる木材に、大きなや傷などがあるとき、それを隠すために木目のそろった材料を張ることがある。こうした作業を単板を張るという。
 突き板練り付け板も同じように薄い化粧板を張ったものだが、三六(3×6尺)や二八(2×8尺)の定尺の既製品になっているものを言うことが多い。それに対して、単板張りは個別の特注のときに言うことが多い。
 下の写真では、中央の短い水平材(肘木)が単板張り処理されている。
広告
TAKUMI Amazonへ