建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


玉石(基礎)(たまいし:きそ)
 河原などにころがっているままの石。15センチ以下の石は栗石とよび、20〜30センチ以上の大きな石を玉石と言う。

 玉石の表面は凸凹しており、こうした表面を野面(のづら)という。玉石のうえに直接に柱を立てる基礎を、玉石基礎と呼び、下の写真のような工法を石場建てとよぶ。
 天然の石の上面をなぞって、柱下の木口となじませることを、ひかるとか光付けと呼ぶ。
広告
TAKUMI Amazonへ