建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


縦框(たてがまち)
 上框や床框のように、他とちがった太い部材を一般にといい、多くは水平の状態で使われる。縦框といった場合は、木製の建具にたいして使われ、建具の両側に立つ太い部材のことをいう。

 縦框をもつ建具を、框戸という。水平になる部材は、上框(うえかまち)、中框(なかがまち)、下框(しもがまち)という。ただし、上桟(かみざん)、中桟(なかざん)、下桟(しもざん)という場合もある。
 障子のように細い部材のものは、縦框とはいわずに、縦桟(たてざん)という。
広告
TAKUMI Amazonへ