建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


叩き鑿(たたきのみ)
 といった構造部材を刻むために使う、荒仕事用の鑿である。

 叩き鑿は造作仕事につかう追入れ鑿よりも、肉厚で頑丈にできている。幅が5分(15o)、8分(24o)、1寸6分(48o)の3本くらいあれば、仕事になった。下の写真は手前から、平鑿と呼ばれる1寸6分(48o)、1寸2分(36o)、8分(24o)、5分(15o)、3分(9o)である。

 最近では、上棟までに行う刻み仕事は、プレカットになってしまったので、叩き鑿は出番が少なくなった。 
広告
写真は大工そういちの道具箱から
TAKUMI Amazonへ