建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


タイル(割り)(たいる:わり)
 薄く小片になった仕上げ材で、普通は焼き物であるが、コンクリートやプラスティック製の物もある。

 材質的には、焼成温度の違いから吸水率に違いがあり、吸水率の低いものから磁器(質)タイルせっ器質タイル陶器質タイルの順になる。

 陶器質タイルは凍害に弱いので、屋外には使用できない。また、平面部に貼る真物に対して、凹面や凸面に貼る役(曲)物(やくもの)に段鼻屏風などがある。

 大きさに関しては、モザイク タイル、100角、木口タイル(60×100)や二丁掛けタイルなどがある。

 タイルを貼る面に半端がでないように、目地幅で調整して事前に割り付けの計算をすることを、タイル割りという。
 下の写真は、袖壁と床完璧なタイル割りがなされている。

参考=タイル目地タイルカーペットコルクタイル
広告
TAKUMI Amazonへ