建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


耐力壁(たいりょくかべ:へき)
耐震壁(たいしんへき)
 建物の構造を担う壁で、木造住宅では筋違(スジカイ)や構造用合板が用いられている。

 建築基準法が要求する壁量計算を数値的に満たすだけではなく、建物全体にバランス良く配置することが大切である。
鉄筋コンクリート壁式工法では、耐震壁は構造壁ともよび、90センチ以上の長さで耐力壁となりうる。間仕切り壁は耐震壁の扱いにはならない。
 鉄筋コンクリート造の建物では、体力壁のことを耐震壁(たいしんへき)とよぶことが多い。
広告
TAKUMI Amazonへ