建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


太鼓(たいこ)
@ 円形断面材料の両側を切り落とした物、もしくは状態。
たとえば、下の図のような丸太の両側を切り落とした物=太鼓である。丸太の両側は自重が邪魔して、構造耐力的には役に立っておらず、切り落とすのは理にかなっている。
 切り落として不要となった方は、広葉樹の場合は<ビンタ>と呼んで利用価値がないが、針葉樹の場合には背板といって小割として利用される。ただし、太鼓梁になるのはが多い。

A 四方に枠をまわし、その上下に板を張った状態。音が増幅されるので、太鼓状態になることは避けるべきである。
広告
金竜堂「建築雛型」から
TAKUMI Amazonへ