建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


大規模木造(建築)(だいきぼもくぞう:けんちく)

 建築基準法6条1項2号と3号に定める大規模建築物の一種である。具体的には、木造の建築物で次の要件のどれか1つを満たすもの。省略して大規模木造とも呼ばれる。
  1.建物の最高の高さが13mを超える
  2.軒高が9mを超える
  3.数が3以上
  4.延床面積が500平方メートルを超える

 大規模木造建築は4号建築物に該当しないので、木構造であっても、鉄骨造鉄筋コンクリート造と同様に正確な構造設計・強度計算が要求される。自然のままの木材では構造計算にのせにくいので、エンジニアリング・ウッドと呼ばれる構造用の集成材を用いることになる。
 などの主要構造部石膏ボードで覆って、下記の耐火性能を確保する必要がある。また、大断面材の集成材を使うことによって、耐火構造とする必要も生じる可能性がある。

広告
TAKUMI Amazonへ