建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


耐火構造(たいかこうぞう)
 耐火構造とは、通常の火災が鎮火するまでの間、火災による建物の倒壊や延焼を防ぐために、建物の各部分に要求される性能をいう。
 建築の各部位により30分から3時間まで仕様が定められている。

 通常の木造住宅では準耐火建築物は可能だが、どんな手段を講じても、耐火構造にはならなかった(大断面材を除く)。しかし、2000年の建築基準法の改正により可能になった。

 木造三階建てを耐火構造にするには、壁、、床を時間耐火とし、屋根階段を30分耐火とすれば良いが、ほとんどの部材を石膏ボードで張りくるむことになる。
広告
学芸出版社「建築基準法」から
TAKUMI Amazonへ