建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


相隣関係(そうりんかんけい)
 隣り合った敷地との関係や、その法律的な関係をいう。

 民法は隣地との関係を、209〜238条にわたって規定している。建物の外壁隣地境界線から、50センチ以上離さなければならないが、強制規定ではない。

 所有権は自己の所有地にのみ及び、隣地への立ち入りには隣人の許可を求めなければならない。

 樹木の枝が隣地境界線から越境してきても、隣地所有者に伐ることを請求できるが、自ら伐採することはできない。ただし、根が越境してきた場合には、自ら切断してもかまわない。

 隣地境界線上にをつくるように請求でき、その費用を折半とすることも請求できる。

参考=近隣対策
広告
 
 
TAKUMI Amazonへ