建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


反り(台鉋)(そり:だいかんな)
 弓形になった曲線の内側のようになった面を反るとか、反っているという。照りともいう。

 弓形に中だるみになった屋根を反り屋根といい、社寺建築などによく見られる。反対に弓形が凸になった状態を<むくり>という。

 外側に弓形になった鉋を、反り台といい、玄翁の柄を削ったり、凹んだ部分を削るの使う。6分や8分の鉋では裏金付きもあるが、小型の反り台鉋では一枚鉋も多い。

参考=南京鉋
広告
sori
写真は木工−木材.comから
TAKUMI Amazonへ