建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


測量(そくりょう)

 地球上の関係位置や面積を知るための技術・作業の総称を測量という。

 建築関係で使う測量は、主として地積という土地の面積をはかる測量と、高さを知るための測量である。
 現在行われている測量はトラバース測量と呼ばれ、測点上にトータル ステーションを設置して、測点間の距離と方向角を計測していくものである。たとえば測点Aに、トータルステーションを設置してBを見て、角NABとAB間の距離を求める。次に測点Bに移動し、Bから角ABCとBC間の距離を求めていく。
 こうしたA、B、C…をトラバース点とよび、トラバース点を設定することにより位置関係の基準が出来るので、AとBもしくはBとCから視準することによって、目的の土地の面積が確定できる。
 最初の測点に戻ってくるものを閉合トラバース、戻らないものを開放トラバースという。

 道路など公共物を測量するのは、国交省(国土交通省)の管轄で測量士が行うが、地積の測量は登記が必要なため、土地家屋調査士がおこなう。

広告
TAKUMI Amazonへ