建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


底目地(そこめじ)
 箱形に目地部分が沈んでいる目地のこと。

 目地タイルなどの母材と面一っているのが普通だが、目地が少し凹んでいると押し目地などいわれ、箱形に沈んでいると底目地と言われる。
 天井と壁の見切りに、廻り縁をまわすのが普通だが、反対に凹まして納めることがある。Aのような納まりを、底目地という。Bのような部分を目透かしといい、こうした天井を敷目天井とよぶが、底目地ともいう。
広告
TAKUMI Amazonへ