建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


セパレーター(せぱれーたー)
 コンクリート型枠の間隔を、正確にたもつために入れる部材一式。

 鉄筋をあいだに挟んだ型枠は、丸セーバー木コンで両側の距離を決める。この部材一式を、セパレーターとかセパという。

 吹き付けタイルなどで仕上げる時には丸セーバーだけをつかい、打ち放しの時には丸セーバーの端部に、木コンを付けたものをつかう。下の写真は、両面を打ち放しにするときに使うものである。

 丸セーバーもしくは木コンにホームタイをかけ、単管によって型枠のとおりを整える。丸セーバーはコンクリートに埋め殺しとなるが、木コンは型枠をばらす時に取り外して再利用する。
sepa
写真はDIY建築革命団・カッパドキ〜アから
TAKUMI Amazonへ