建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


積雪(荷重)(せきせつ:かじゅう)
雪(荷重)(ゆき:かじゅう)
 雪が積もることを積雪といい、積もった雪の重さを積雪荷重と呼ぶ。
 
 雪が建築に及ぼす影響は荷重だけではなく、深い積雪による開口部をふさいでしまうことや、眇漏れといった漏水もある。

 建築基準法では、積雪荷重は1pの積雪量ごとに1uあたり、20N(約2キログラム)をみることになっている。

 東京都の郡部では、30pの積雪量を予測して、構造計算をすることになっている。おおむね1uあたり、61キログラムの重さが屋根面にかかっていることになる。

 しかし、最近ではこの数字では強度が不足し、体育館などの屋根が崩落する事態が起きている。 
広告
 
 
TAKUMI Amazonへ