建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


絶縁工法(ぜつえんこうほう)
 部材の接触をきった状態に施工する工法のことで、シート防水で採用されることが多い。機械的固定工法ともいう。

 シート防水では防水材となるシートを、屋上階躯体に密着させる工法と、密着させずところどころ接着する絶縁工法がある。

 絶縁工法は下地の躯体にシートが密着していないので、ヒビ割れが発生するなどしても、下地の変形の影響を受けにくい。また、下の写真のように、何カ所か脱気筒を設置する(しない場合もある)ことによって、下地やコンクリートに含まれる水分を蒸発させやすい。

 ウレタン防水にも絶縁工法があるが、絶縁工法といった場合には、塩ビシートAを使ったシート防水をさすことが多い。 
広告
zetsu
TAKUMI Amazonへ