建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


染料(せんりょう)
 色を染める元となる粉末の材料のこと。塗装材料に色を付けるために混入するもので、溶剤である水や油に溶けるもの。

 透明性のない顔料にたいして、染料は水に溶けるが、溶剤が乾燥すると色素は溶けなくなる。

 昔から植物などから抽出した自然素材が染料として使われてきた。しかし、弁柄などの鉱物性のもは、不溶性なので顔料である。

 染料は一般に淡い色調で、布や紙に使われることが多い。顔料をつかう塗料に比べて、耐候性や耐水性は弱い。 
広告
TAKUMI Amazonへ