建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


絶対高さ制限(ぜったいたかさせいげん)
 建物の高さを抑える建築基準法上の制限。

 隣地斜線制限のない第1種および第2種低層住居専用地域にだけある制限で、建物の高さを10mもしくは12m以下に規制するものである。各地域の都市計画によって決められる。
 建物の高さとは、建築基準法施行2条に 棟飾り、防火壁をのぞくとあることから、通常 は地盤 面から棟木上端までをいい、棟に 積む鬼瓦は含めない。また、屋上へ出る階段室、エレベーター塔屋、天窓などは、一定の条件を満たせば、高さに参入されないことがある。

 高さの限度が10mの地域では、一定以上の敷地面積があり、かつその敷地内に空地を有するなど、低層住宅地の環境を害する恐れがないと認められれば12mまでの緩和もあるが、建築審査会の許可を取らなければならず、現実的には非常に難しい。
広告
TAKUMI Amazonへ