建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


堰(関)板(せきいた)
@ 土が崩れたり、コンクリートが流れ出たりしないように、堰き止めるために設置する板。型枠を堰板ということもある。

 型枠と同じものだが、型枠はあいだに鉄筋を挟んでホームタイで緊結されている。それに対して、堰板は流れ出るのを止めるもので、1枚で使われることが多い。

A 型枠のうち、垂直面に使われるものをせき板という。

 鉄筋コ ンクリート造ではの断面が大きくなり、底に使う型枠を底板、側面につかう型枠をせき板という。スラブ下につかう型枠は版板(ばんいた)という。

 型枠の残置期間は4週強度をめどにするが、せき板は潰し(の試験)で強度を確認した上で、打設後3日〜1週間程度で取り外すことが多い。 
広告
TAKUMI Amazonへ