建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


背割り(せわり)
@ 芯持の中心まで目を入れること、または入れた鋸目。

 芯持ち柱は乾燥の過程で、表面にヒビが入りやすい。の表面にヒビや割れを出さないために、見付きと反対側(=見返し)にからまで、中心部に達する深さに鋸目を入れること、または鋸目のことを背割りという。

 背割りを施したらを打ち放置し、乾燥によって背割りが開ききったら、それ以上動かないように千切りを入れるのを上仕事とする。
 背割りは見返し側に設けるので、壁の中になって見えないことが多い。



A 区画整理をするときに使われる概念で、道路に囲まれた長方形の土地を、長辺に平行にかつ短辺の真ん中で分割すること、また、その分割線を背割線という。

 敷地を細分化する場合には、背割線に直角に再分割する。そのため、道路の反対側の隣地境界線が背割線となり、背割線に沿って下水や路地Aが作られたりした。
広告
TAKUMI Amazonへ