建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


接道(義務)(せつどうぎむ)
 建築をするためには、原則として敷地の一部が幅2メートル以上、道路に接していなければならない、という建築基準法第43条の規定。

 敷地は道路に接する必要があるが、どんな道路でも良いわけではない。建築基準法第42条の1〜6に規定する道路が、接道対象の道路として認められている。
1項
1.道路法による道路
2.都市計画法や土地区画整理法などが規定する道路
3.基準法が適用される際に現存した道路
4.二年以内に執行予定として特定行政庁が指定した道路
5.特定行政庁からその位置の指定を受けたもの
2項
 現に建築物が立ち並んでいる幅員四メートル未満の道で、特定行政庁の指定した道路(=42条2項道路
以下省略   
広告
TAKUMI Amazonへ