建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


設計契約(せっけいけいやく)
 正確には、設計業務委託契約といい、建築主と設計事務所がかわす委任契約で、工事監理まで含めることが多い。

 重要事項説明書で設計や工事監理の概略を説明する。その後、実際に図面を描いたり模型を作ったり概算工事金額の算出をしたりする作業にはいる。こうした作業に先立って、結ばれる契約である。この契約によって、設計者は工事請負者をにたいして、図面通りに施工するように監督指示する立場になる。

 (株)匠 総合事務所は、設計契約が結ばれる前に、まず重要事項説明をする。そして、着手金を支払ってもらうまでは、図面を描かないことを原則としている。着手金は設計料に充当するが、万が一設計契約に至らなくても、着手金は返還しない。
 設計事務所が図面を描くのは、本来的に設計契約の締結後にしたい。しかし、依頼者も設計者の仕事を分からないまま、設計契約を結ぶのは嫌だろうと思う。そのため、着手金の制度を取り入れている。
広告
TAKUMI Amazonへ