建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


スリット(すりっと)
 スリットとは一般的には隙間のことだが、耐震的な配慮でいれる構造スリットを意味することが多い。耐震スリットともいう。意匠的な外観は連続していることもある。

 構造スリットとは、建物が揺れたときに、建物の一部に集中的な力がかかるのを防ぐために、と壁を構造耐力上切り離すように、入れる構造設計上の隙間である。

 下の写真のようにスリット部分には鉄筋を連続させずに、硬質ウレタン製などのパッキンを挟むことが多い。ただし、亜鉛メッキした補助的な鉄筋を入れて、柱と壁をゆるく繋いでおく。下の写真は、硬質ウレタンのパッキンを補強筋が貫通している。

 スリットはコンクリートが連続していないので、雨水が差したり、耐火構造上の弱点になりやすい。スリットに挟む部材は耐火仕様を満たす必要がある。

 腰壁がつく柱(下図の矢印部分)は応力が集中しやすいので、スリットを設けることが多い。ベランダなどではパッキンを入れずに、隙間のままとすることもある。 
広告
slit
slit 
TAKUMI Amazonへ