建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


素丸(瓦)(すまる:かわら)
  半丸断面ののうち、紐のない形のものをいう。

 本瓦葺き平瓦と上からかぶせる瓦をつかって葺かれる。このときに上からかぶせるのに使われる瓦を素丸瓦という。ただし、本瓦葺きで使われる平瓦は、引掛け桟瓦の平瓦と違い、S字断面ではなく弓なり断面である。

 素丸瓦はの頂上の雁振瓦としても使われる。は何枚か熨斗(瓦)を積んだ後、雁振瓦を乗せて納める。このときに、雁振瓦の代わりに丸瓦を使うことがある。

 丸側のうち、下図左のように端部が盛り上がっているのを、紐丸とか紐丸瓦といい、下図右のように紐の付いていないものを素丸という。

 雨仕舞いのうえでは、紐が付いていたほうが良いが、素丸のほうがスッキリ見えるので、数寄屋(造り)などでは好まれる。 
広告
himosumaru
TAKUMI Amazonへ