建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


スケルトン(すけるとん)
 骨格や骨組みから転じて、建物の構造的な躯体のことをいう。

 鉄筋コンクリート造の建物について言うことが多く、内部の仕上げ設備をすべて撤去して、床・天井スラブや壁のコンクリートを剥き出しにした、下の写真のような状態のこと。

 マンションなどの共同住宅の場合、コンクリート躯体の耐用年数は60年程度あるが、内装や設備は15〜20年程度で老朽化してくる。そこで構造躯体であるスケルトンを剥き出しにして、専有部分を徹底的に改修し直すことが行われている。

 共用部分とのからみで、などの開口部は残すこともあるが、サッシの可動部分のみ撤去してカバー工法Aによって改修することもある。

 躯体のスケルトンに対して、内装や設備など改修対象はインフィルという。
広告
skelton
 
TAKUMI Amazonへ