建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


スクラッチタイル(すくらっちたいる)
 針のような突起物で表面を引っ掻いた模様を付けたタイルのことで、多くは外壁に張る外装用のタイルである。

 レンガ積からタイル張りに変わる過渡期の建材である。原料に含まれる鉄分などによる赤褐色から淡黄色の素地色を生かした無釉のタイルで、スクラッチ加工をするために湿式成形された。ささくれだった多数の溝が表面に刻まれている。
 外装には2丁掛けサイズのスクラッチタイルがよく使われたので、むかしの人は今でも2丁掛けタイルのことをスクラッチタイルと呼ぶことがある。
広告
写真は高橋正勝さんのブログから
TAKUMI Amazonへ