建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


随契(随意契約)(ずいけい:ずいいけいやく)
 入札見積り合わせをしないで、特定の施工業者と請負契約を結ぶこと。随意契約より、随契(ずいけい)と省略することが多い。

 設計者や施工者を決める方法は、入札や見積り合わせなどいくつかあるが、入札は手続きが煩雑で時間もかかる。また、入札で選ばれた者が、発注者の意図をよく知っているとは限らない。見積り合わせにしても、必ずしも公平に行われるとは限らない。
 昔から信頼できる施工業者に、特命で発注するのが通常の方法だった。かつては発注者も施工者も同じ町内に住んで、互いによく知っていたので特命が当たり前だった。しかし、互いに知るところが少なくなり、また、形式的な公平を問われるので、特命=随意契約が行われなくなってきた。
 特命=随意契約で発注することが望ましいが、とくに公共工事にあっては、内容が不透明になるとの批判によって少なくなってきた。しかし、発注者に見積書を精査する能力があれば、随意契約がもっとも望ましい。
広告
TAKUMI Amazonへ