建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


隙間面積(すきまめんせき)
相当隙間面積(そうとうすきまめんせき)
 建物の外壁屋根にある外部との隙間をすべて集めた面積のこと。

 建物の隙間を直接に測ることはできないので、送風機で住宅内外に圧力差をつくって気密測定をし、相当隙間面積を計算することになる。隙間を直接に実測できないことから、相当隙間面積とか隙間相当面積という。

 全隙間面積(cu)を延床面積(u)で割ったものを値という。床1uあたり、何cuの隙間があるかを示す数字で、値が小さいほど気密が高いことになる。

 夏は隙間が少なくなり、冬は隙間が多くなる。そのため、気密度合いは高く、冬のほうが10〜30%程度低くなる。 現在の高気密住宅は普通に施工して2cu/u以下になるので、計画的な機械換気をしないと室内空気が汚染される。

 高気密高断熱を採用した住宅では、隙間面積を狭くし、無駄な空気の喪失を防いでいる。下の写真は気密測定しているところである。
広告
TAKUMI Amazonへ