建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


隅勾配(すみこうばい)
隅棟(すみむね)
 寄せ棟などの屋根では、四方に流れる平勾配Aの部分が、それぞれ四隅で出会う。この部分にできる出隅を隅棟といい、その傾きを隅勾配という。

 平の部分の勾配を平勾配と呼ぶが、隅の勾配の底辺は下の図でわかるように、 A より B のほうが長い。しかし、高さ H は同じなので、隅勾配部分の長さが長くなる。つまり、隅勾配は平勾配よりも緩いのである。これにより、隅棟は捨て張りをするなどして、雨仕舞いを丁寧にしないと、雨漏りの原因になる。 
 照り起りのない平面的な屋根隅棟棒隅という。
広告
TAKUMI Amazonへ