建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


墨(付け)(すみ:つけ)
 切断や規準を示すための印を墨といい、墨で印す作業を墨付けという。

 などの木材を刻むために、切断箇所や規準を示すための印をつける作業を墨付けとよび、家の全貌を把握した棟梁の仕事とされていた。
 丸太材への墨付けは面押さえができないので、芯墨を印すことから始めなければならない。下の図のように、両方の木口に直線の定規を立て、両者が平行になるように睨んで芯墨とした。丸太仕事はすべて芯押さえである。
 墨付けの中でも、木材やコンクリート面 などに、墨壺や墨差しをつかって墨を印すことを墨を打つという。これは墨壺の糸を引き出して、指で弾いて印すので、墨を打つと言った。

 プレカットが普及したので、墨付けは不要になった。
広告
TAKUMI Amazonへ