建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


自火報(じかほう)
 自動火災報知設備、もしくは自動火災報知器の略語で、消防設備の一種である。

 煙感知器熱感知器が初期火災を検知して、非常ベル(警報)を自動的に鳴らして、火災の発生を知らせる設備である。

 規模の大きい建物や、300u以上の店舗・旅館などに、消防法によって設置が義務つけられている。

 定期的な検査が義務付けられており、炙っ発報試験をやることによって、作動を確認している。
広告
 
TAKUMI Amazonへ