建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


撞木柄(しゅもくづか)
 にたいして角度を付けて取り付けた握り柄のこと。

 ふつうの鋸は鋸身をそのまま伸ばすように、握り柄を付ける。しかし、これだと鋸身全体の長さをつかうには、手前がぶつかって都合が悪い。

 鋸身全体の長さを使うために、下の写真のように角度を付けて握り柄を仕込むことがある。こうした柄を撞木柄という。

 刻み仕事に使う(ががり)など大型の鋸に使われることが多い。

参考=木挽き鋸
広告
shumoku
写真は松本社寺建設のサイトから借用
TAKUMI Amazonへ