建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


直押さえ(じかおさえ)
 コンクリート打設後に、左官屋がで均していくこと。

 土間コンクリートといわれる部分に使われることが多い。コンクリートの打設直後に蜻蛉@などを使って平らにしながら、第1回目の鏝均しをする。

 打設後2〜3時間たって、コンクリート表面の水が引いた後、第2回目の鏝均しをおこなう。都合2回の鏝均しを、直押さえと言い、コンクリートのままで仕上げとなるものである。

 第2回目の鏝均しに、金鏝を使うとツルツルの表面になり、木鏝をつかうとザラザラの表面になる。また、刷毛引きにすると滑り止めになる。

 小規模な現場では左官屋が施行するが、大規模な現場では、土間屋という専門職がいる。また、機械で表面を押さえることもある。 
広告
jikaosae
写真は株式会社ジーリングのサイトから借用
TAKUMI Amazonへ